トップスピン・スライスの打ち方

フラットがしっかり打てるようになってから
初めて基本ができたと言えるので、ようやく応用とも
いえるトップスピンやスライスの練習ができますね

フォームができていない時に、あれもこれも練習
すると体がついていけません

基本的には一緒ですので、あとは当て方の
ちがいですから焦らずにいきましょう

変な癖がついてしまうと、後で苦労しますから


◆トップスピン
フォアハンドストロークのところで説明しました
1、テークバックでラケットを腰の位置で平行と
いいましたが、

ここで初めてラケットヘッドを下げます
後は同じように振っていきます

トップスピン

次にインパクト時に、ボールをこするように
ラケットのフレームの方向に、振り上げていきます

同時に腕を軸に手首を回すと、よりボールに
回転をかけれますね

ボールの斜め上を削るといったイメージでもいいですね


◆スライス
インパクト時にボールの下の部分、底を削るように
打つと逆回転がかかり、ボールが落ちた時に跳ねない
のが特徴ですね

ボールの勢いを殺します

ボールがはねないので、相手のリズムをや
タイミングを狂わすことができますね