サーブの打ち方

1、構え
前足に重心を置いて、両手は前にラケットと
ボールを添えます

リラックスをしてサーブは入ると思いながら、
口から息を吐ききります
息を吐くと力が抜けますね


2、トスアップ
次に両手を大きく左右に広げていきます
トスは肩より上に手の平全体で押し上げるようにします

位置としては上げたボールがそのまま手に
戻ってくるようなのがいいですね

テイクバック
ラケットは振り子のように下ろし、大きく後ろにもっていきます
その流れを止めないようにして肘を肩まで上げ、
ラケットも上を向くようにします

トスをした手は振る瞬間まで上げておくかボールを指差します
(※ 腕はしっかり伸ばしましょう)


3、フォーワードスイング
ボールを投げた時のように、しっかり腕を伸ばして
打ちにいきます。肘、手、ラケットの順番で上に行くようにします

肘が顔の横(耳の横)を通るようにすると
ゆったりでも力の入った打球が打てますね


4、インパクト
当たる瞬間、親指側を外側に捻るようにして
打つとフラットで力の入った打球になりますね

左足からラケットまで真直ぐ一本の線になるようにします
一番上で伸びたところがインパクトポイントになりますね


5、フォロスルー
打った後腕が伸びてラケットが、ずーと前に出ていき、
それに引っ張られるように右足を一歩前に出していきます
ラケットは、体の左下を通るように振り切ります

一呼吸で振れるようにしていきます

ボレー以外はサーブもストローク同様にフォームを意識して、
それにボールを当てるようにした方がいいと思いますね

テニスのサーブ