バックハンドストロークのやり方

ダブルバックハンドストローク(両手)


やはり最初は手首を痛めない為に両手で持った方が
いいと思いますね

特に非力な女性や初心者は、ボールの勢いに
負けてしまいますね

ラケットを振る点やボールとの距離感を考えると
安定感がありますね

ただ、動きにくさと腕を伸ばせないため、フットワークと
予測が必要になってきますね


1、テークバック
構えたところから、グリップチェンジをしながら
腰を捻りラケットヘッドが真後ろを向くようにします

ラケットの位置(高さ)は腰のあたりで
地面と平行になるようにした方がいいと思います

最初の基本を覚えている内は、ラケットヘッドが
下がらない方がいいと思いますね

足も軽く膝を曲げて、後ろに体重をのせます


2、フォーワードスイング(ボールに向かって打ち出す動作)

次にそのままの状態から打ちたい方向に足を大きく出し
腰の動きを使ってラケットを振っていきます


3、インパクト
ボールを当てる位置は、踏み出した足よりも前で
当たるようにします

この時ラケットもコートに対して、平行で垂直になれば、
真直ぐにとびますね

右や左にとんでいく場合は、ラケットの面が
斜めにいがんでいると思います

干してある布団を叩くイメージでしてみて下さい
これだと家でも練習ができますね


4、フォロスルー
最後にフィニッシュですが、ボールが離れてからの
処理も重要です

ラケットはボールを打ちたい方向に出していき肘をのばし、
ラケットが真上を向いて止まるようにします

この時、手は頭の斜め上に、肘は目の高さに、そして
肩ごしに打ったボールの行方を見るようにして下さい
万歳した形にならないように注意して下さいね!

初心者の内は、ここまでで一つの流れでするといいですね

慣れてきましたら、経験者のように肘を曲げる
ところまでするといいと思いますね

シングルバックハンドストローク(片手)

ダブルハンドの時と、ほとんど変わらないのですが
違いは、両手で握るのではなく、片手は添えますね。

打つ時に、片手で打ち片方の手は当たる瞬間に
後ろへ伸ばします

両手を左右に伸ばすかたちになりますね

シングルハンドのメリットとして、動きやすく
離れてしまったボールにも届きますね

バックハンドストローク