テニスの基本的な構え方

一番最初に覚えていくのが構えではないでしょうか
構えることによって、集中力もでます

覚えたてはつくった状態ですので、ぎこちないかもしれません
これを自然にできるようになっていけば、あなたも
テニス経験者ですね

足を肩幅ぐらいに開いて、膝を少し曲げて腰をかがめます
踵を少し浮かしてつま先の方に重みがいくようにします
背筋は真直ぐに腰がひけていないようにします

基本的な構え

曲げている膝も内側に向くようにします
つま先というよりは、足の指の付け根といった方が
いいでしょうか


両手でラケットを45度ぐらい持ちます。この時ラケットの
ガットの部分が口元から胸の前辺りにもってきます

こうする事によって、フォアハンドにもバックハンドにも
すぐに構えることができますね

この形で待っているとすばやく動けます
余分な力が入って、力まないようにリラックス