サーブのトレーニング方法

サーブもしっかり覚えないといけない必須課目ですね

最初は難しいですしボールを打てるようになっても、
なかなか入らないので苦手意識が出ると思いますね

まずは簡単にサーブを打つ動きを体で覚えていきましょう


練習方法1
最初の練習方法としてラケットを持たずにボールを持って
野球選手が投げるように高く真直ぐに投げます

ネットをこえるぐらい山なりに大きく投げてくださいね
(※ 肘を曲げてのばす)

ラケットを振るときと同じ動きになりますね


練習方法2
両手にボールを持って、サーブをする時と同じように
トスをあげて、そのボールを上の方で当てるように投げます
これは流れを覚える事ができ、サーブと同じ動きになります


サーブで一番大事なのはトスアップですね

その為にはリラックスをして肩の力を抜き
ボールは優しく生卵を持つようにします

コップを持つように5本の指を使いますがボールの下で
持ってトスをすると上げた時指先に力が入り引っ掛けた
感じになります

これだと上げる度に違う位置に上がってしまい
当てるのが難しくなってしまい安定しませんね

常にサーブを入るようにするには・・・


安定したトス=安定したサーブ


フォームができ安定して入るようになってから、
少しずつ力を入れていくとプロが打っているような
サーブができるようになりますね

力があっても入らないサーブをしていても感触はいいですが、
ゲームでは使えません

ただ自己満足で終わってしましますね

力を入れて命一杯打ちたいでしょうが我慢をして
まずはゆったりとしたフォームでボールが打てるように
なってからにしましょう

もっと気持ちのいいサーブが打てるようになりますから

サーブの構え